07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

国際子ども図書館

2006.06.10/Sat/22:53:03


kodomotosho606-1.jpg


住所:東京都台東区上野公園12-49
設計:安藤忠雄建築研究所 日建設計
用途:児童書専門図書館
施工:2002年5月
開館時間:9:30~17:00
休館日:月曜日 第3水曜日 祝日 年末年始
入場料:無料
写真・ビデオ撮影:館内一部可
公式サイト:http://www.kodomo.go.jp/

明治39年に帝国図書館として建てられた歴史ある建築をリニューアルした建物。
現在は国立初の児童書専門図書館になっています。
旧建物の空間と意匠を出来るだけ生かして建てられたとのこと。
入って正面側は旧建築、裏(中庭)側は安藤忠雄による新建築で、
新・旧半々の対比でありながら一つの建物としてナチュラルに馴染んでいる。
どちらかというと明治期ルネサンス様式である旧建物の印象が強いです。
元は大人向けの、かなり偉い人が利用する図書館だったということで、児童書専門図書館とはいっても大人の落ち着いた雰囲気。

▼旧建物部分
kodomotosho06062-.jpg

kodomotosho0606-3.jpg


▼新建物部分
kodomotosho0606-5.jpg

kodomotosho0606-4.jpg


新しく改築されたラウンジは、ガラス張りの開放的な廊下という感じ。
椅子が置いてありおそらくラウンジで本を読んだりできると思うのですが、こういう場所で子供が落ち着いて本を読むとは思えず、やはり大人の空間を感じさせました。
この図書館の存在はあまり知られていないのか、私が行った時は人も少なく静かでした。近所の区立図書館の児童書コーナーみたいに騒いでいる子供がたくさんいるのかなと思いましたが、決してそんなことはなく静かでした。むしろ落ち着けて、ゆっくりできる空間。
重厚な歴史的建築に児童書という組み合わせが良いのかもしれません。無料で入れますし、上野動物園で疲れたらここで一休みするのもありですね。
今度行ったらゆっくり絵本を眺めたい。


tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。