05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

SHUGOARTS(シュウゴアーツ)

2006.05.20/Sat/01:22:12


SHUGOARTS0605-2.jpg

住所:東京都江東区清澄1-3-2 5F
用途:ギャラリー開館時間:12:00~19:00
休館日:日・月曜日
公式サイト:http://www.shugoarts.com/


清澄白河のとあるビルにあるギャラリー。地下鉄の清澄白河駅から十分ほど歩きます。清澄庭園の近く。
雑居ビルの5~7階にギャラリーが入っていて、小山登美夫ギャラリーなんかもこのビルにあります。
1階入口に受付があり、どこのギャラリーに行きたいんですがと聞くと行き方を教えてくれます。他の階にも会社や事務所が入っている。エレベーターに乗るため奥にすすむ。

▼こんな場所からエレベーターに乗ります
SHUGOARTS0605-3.jpg

エレベーターは業務用のばかでかい箱。
このビル元は何に使われていたんだろう。倉庫か何かだったのかも。

米田知子展「モノクロームの仕事 1996-2003」 を見ました。
眼鏡シリーズで有名な米田知子の写真です。
去年の展覧会は行けなかったので、ぜひ見ておきたいと思いました。
フロイトの眼鏡ごしにユングのテキストを見る、
ジョイスの眼鏡で、
マーラーの眼鏡で、
ル・コルビュジェの眼鏡で、
ガンジーの眼鏡で、
トロツキーの眼鏡で、
谷崎潤一郎の眼鏡で、
という眼鏡シリーズ。
眼鏡ごしにテキストを見るという間接的な行為が実にそそられます。
米田知子の写真は記憶や歴史をテーマにしています。
限定された特定の個人や場所や、固有名詞が被写体でありながら普遍的なイメージを喚起させる。戦争などが実際に起こった場所をピンポイントで撮影しているにもかかわらず、生々しい迫力というよりは客観性・間接性によって、豊かなイメージを喚起させるのです。
なぜそのような写真が撮れるかは私にはわかりません…
このような手法は、映画で言うとストローブ=ユイレの名前を思い出さずにはいられません。SHUGOARTSは米田知子のほかに中平卓馬の写真も販売している。
他にも面白そうなアーティストを扱っていますので、今後チェックしたいギャラリーです。




tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。