05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

西洋美術館、世界遺産は今回は登録先送り

2009.06.29/Mon/09:00:00

「ル・コルビュジエ建築が世界遺産になるか?」が話題になっていましたが、今回は、登録見送りになったようです。

---------
スペインで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は二十七日、フランスや日本など六カ国が世界文化遺産への一括登録を共同推薦していた国立西洋美術館本館(東京都台東区)など、フランスの建築家ル・コルビュジエによる建築物二十二件「ル・コルビュジエの建築と都市計画」について、今回は登録を見送り、追加情報を求める「情報照会」とすることを決めた。文化庁が同日、発表した。 
(東京新聞 2009年6月28日 朝刊)
---------

世界遺産にならなかったのは残念ですが、前向きなニュースも。
西洋美術館 世界遺産へ一歩前進 登録先送り『追加情報を』(東京新聞)

”前向きなニュース“とは、上記東京新聞の記事のこの部分。
---------
情報照会は四段階の評価の上から二番目。五月にユネスコの諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)が勧告した登録延期より一つ上で、同委員会が求める資料を提出すれば、来年から再審査を受けられる。過去に再審査で登録にならなかった例もあるが、昨年の「平泉の文化遺産」(岩手県)の登録延期よりは一歩前進した。
---------
来年からの再審査がポイントのようです。

---
関連記事
ル コルビュジエってどんな人?
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。