09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

出光美術館

2009.05.07/Thu/09:00:00

丸の内にある、出光美術館に行きました。
日本画や中国・日本の陶磁器など東洋古美術を中心に展示している美術館です。

有楽町から徒歩5分ほど。
アクセス便利で、会社帰りにも立ち寄れる美術館ですね。

出光美術館は、帝国劇場の隣にあります。
出光美術館
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階(出光専用エレベーター9階)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
       毎週金曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日および振替休日の場合は開館)
      年末年始および展示替期間
入場料:一般 1000円 高・大生 700円 中学生以下無料(保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料
公式サイト:出光美術館


大きな地図で見る


▼エレベーターで9階へ。扇をあしらったエレベーターの扉が、存在感を感じます。
出光美術館

▼エントランス この奥に受付があります。
 室内は照明が落としてあり、日本の美術=「ワビサビ」を感じました。
出光美術館

展示スペースは、企画展の展示室のほかに、ルオー・ムンク作品の展示室があります。
「水墨画の輝き ―雪舟・等伯から鉄斎まで―」という企画展を見たのですが、企画展の展示室の中に、日本・中国の陶磁器も展示されていました。(出光美術館の収蔵品?)
見に来ていた方は、年配の日本人と外国人。
平日の夕方だったせいもあり、若い方は見当たらなかった。

▼休憩スペース
 このスペースがとても良かったです。皇居のお堀が見渡せて、会社帰りに来たらくつろげそう。
 癒されました。
出光美術館

休憩スペースから見た外の風景。
遠くにはぼんやり高層ビルディング、皇居の新緑がきれいでした。
出光美術館

-----------
関連記事

日本の美・発見I 水墨画の輝き ―雪舟・等伯から鉄斎まで― 【出光美術館】

東京国立博物館 平成館

-----------
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。