07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

Splitz'Aoyama(スプリッツ アオヤマ)でブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」に参加しました

2009.02.05/Thu/17:00:00

2月3日行われたブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」に参加しました。
会場は南青山にある「Splitz'Aoyama(スプリッツ アオヤマ)」です。

今回のイベントは、簡単に言うとウイスキーとチョコレートの味わい方と、ウイスキーとチョコレートの組み合わせの美味しさを教えてもらう、というもので、普段ウイスキーを飲まない、という人も楽しめる内容でした。
そういう私も、たまにしかウイスキーは飲まない人です。
でもショコラと組み合わせることによって、ウイスキーの見方が変わりました。
”マリアージュ”って面白いですね~

ブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」 スプリッツ アオヤマ 青山
↑この写真、山崎12年の水割りなんですが、グラスを見て下さい。
これ、サントリーさんが水割り用に作られたグラスなのだそうです。口が少し広がっているのは、飲んだ時に香りが広がるように作ってあるそうです。
水割り専用のグラスというのが、あるんですねー。奥が深い。>>これと同じグラスでしょうか??
このグラス、お土産に頂きました♪

さて、「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」の内容は、こんな感じでした。
講座内容は、
・ショコラについて(カカオの産地や品種による食べ比べ)
・シングルモルトウイスキーについて(テイスティングあり)
・シングルモルトとショコラのすごいマリアージュ
と3分野に分かれています。

席にはテイスティング用に必要な道具が一式置いてありました。
ブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」 スプリッツ アオヤマ 青山
ショコラ関係
(1) ショコラ3種(原産地が違うもの)
(2) ショコラの原料を加工したもの;「カカオ豆」「カカオマス」「カカオバター」

ウイスキー関係
(3) グレンフィディック 12年
(4) マッカラン12年
(5) ボウモア12年
(6) 山崎、白州のミニボトル

(7) サントリー天然水(ペットボトル)→テイスティングの口直し用。ショコラのテイスティングの時に味をリセットするには、「常温」で「軟水」がベストだそう。ウイスキーをそのまま飲むのがキツイという人用にも。

まずは、ショコラについての講座です。
講師はポットラックインターナショナルのショコラコンシェルジュ 伏見聡子さんです。
産地別のショコラ3種をテイスティングしました。
ブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」 スプリッツ アオヤマ 青山

ショコラは「五感で味わう」のだそうです。気持ちを落ち着かせた後、
「香りを嗅ぐ」(嗅覚)

「チョコレートを触り、見る」(視覚・触覚)

「割った(かじった)音を聞く」(聴覚)

「口に入れゆっくりと溶かす。味わう」(味覚)

「体温で温められると共に現れる香りや味わい・余韻を感じる」(味覚・触覚・嗅覚)

こんなにゆっくりショコラを食べた事がなかったのですが、時間をかけて味わうと違いがわかる…
(パッケージの)No.11は、甘くてミルクの味、でもビターなテイストも。
No.12は、植物の香りがして、味わったことのない複雑な味。
No.15は、こちらも植物というか、花の香りがしました。
これらの3種はカカオの原産地が違うため、ワインと同じように「テロワール」の個性があり味が全く違ってくるそうです。

これまでショコラというと、スイート or ビターのどちらか、ぐらいの区別しかありませんでしたが、もっと複雑で奥深い味わい方があると知って楽しかったです!


次に、シングルモルトウイスキーについての講座です。
講師はサントリーのウイスキー・アンバサダー鈴木さん。
グレンフィディック12年、マッカラン12年、ボウモア12年、山崎12年、白州12年をテイスティングしました。
まずは見た目。グラスの後ろに白い紙を置いて色の違いを見比べます。
ブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」 スプリッツ アオヤマ 青山
グレンフィディックは淡い金色、マッカランは赤い琥珀色、ボウモアは琥珀色、というように見た感じも違います。
実際に飲み比べてみると、自分の好みは
山崎12年
グレンフィディック12年
白州12年
マッカラン12年
ボウモア12年
の順番でした。
以前白州蒸溜所に見学に行き、緑豊かな白州でウイスキーの試飲をしたことを思い出しました。
その時と、自分の好みは変わっていません。
ボウモアは口に入れた瞬間、「うわ~、スモーキー過ぎて自分には無理~」
がぜん「飲み安さ」重視で、ウイスキーの奥深さにはまったく到達してないなぁ自分、と思ったのですが~…

この後の「シングルモルトとショコラのすごいマリアージュ」講座で、生まれて初めて「ボウモアが美味しい」と感じました!
↓マリアージュを楽しんだショコラ5種類です。ボウモアとマリアージュしたのは、真ん中の「LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)」のショコラです。
ブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」 スプリッツ アオヤマ 青山

私には無理~と思った、ボウモアの後に、辻口博啓さんの「LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)」のショコラ(カプチーノ)を口に含むと、不思議ともう一口、ボウモアが欲しくなりました。なぜ~…?
講師の方の説明によると、ボウモアはスモーキー、ダークチョコレートのような温かいコクがあるので、コーヒー味が合うのだそうです。たしかに、「LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)」のショコラは、カプチーノでした。
それにしても、ここで「LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)」のショコラが食べられるとは、ラッキーです♪
私にとってベストなマリアージュは「ボウモア12年とLE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)」、次が「白州12年とROYCE'生チョコレート」でした。

講義終了後、懇親会にも参加させていただき、「Splitz'Aoyama(スプリッツ アオヤマ)」の”スプリッツ”と料理を楽しみました。
ブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」 スプリッツ アオヤマ 青山

会場になった「Splitz'Aoyama(スプリッツ アオヤマ)」は、昨年2008年12月にオープンしたばかりのお店です。>>詳しくはコチラ
初めて行きましたが、バーラウンジとバルの二つの空間があって、両方の雰囲気が楽しめますね。
ウイスキーソーダよりもアルコール度数が低くて、飲みやすい軽めのお酒”スプリッツ ”と、食事を楽しむことができます。食事が充実しているので、女性は重宝しそうです。

ブロガーイベント「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」 スプリッツ アオヤマ 青山


大きな地図で見る

今回のブロガーイベントは、新しいウイスキーの飲み方を知ることができて、感激でした。
組み合わせによってこんなにも味わいが違うものなんですね~。
有意義で楽しい発見でした★
カテゴリ: その他
tb: -- |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

いいイベントでしたね~

nikko81と申します。

サントリーさんのブログのトラックバックから、
参加された方の記事を読みに回っています。

ウイスキーを飲んでばかりの人間ですが、
ショコラとの組み合わせでココまで変わるのか、
と目からウロコなイベントでした。

ショコラの愉しみ方にもお作法があるんですね~
ウイスキーと違い慣れてないので、なかなか
わかりにくかったですが…

ボウモアですが、はじめは飲みにくいのに
すごく変わったと書いておられる方が多いですね。
スモーキーなボウモアも好きなのですが、
その変わりっぷりに驚かされました。
URL | nikko81 #zmqS/pYo
2009/02/07 00:49 * 編集 *

nikko81さま

コメントありがとうございます。
ボウモアのマリアージュは本当に感激でした!
参加者の方もボウモアに驚かれた方が多いのですね。
これからもイベントでご一緒できるといいですね!
URL | アワーミュージアム #-
2009/02/07 21:12 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。