07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

横浜の庭園で霧に包まれる 【横浜トリエンナーレの中谷芙二子】

2008.11.28/Fri/09:00:00

3年に一度開催される、横浜トリエンナーレ
今年は最初からここに行こうと決めていました。
横浜にある庭園、三溪園でやっている中谷芙二子さんの霧です。

▼横浜の三溪園。紅葉もきれいでした。この森の中で幻想的な霧のアートを体験してきました。
横浜トリエンナーレ 三溪園 中谷芙二子
三溪園を入って奥に進むと、さーっと涼しい空気を感じる…と思ったら、白い気体が見えました。
横浜トリエンナーレ 三溪園 中谷芙二子

森の中が霧で包まれます。時間帯によって、霧に覆われたり、少し晴れたり。
横浜トリエンナーレ 三溪園 中谷芙二子

中谷芙二子さんのこの作品は、「雨月物語―懸崖の滝 Fogfalls #47670」
竹林がこのように幻想的に見えます。
横浜トリエンナーレ 三溪園 中谷芙二子

人も霧に覆われてます。霧が濃い時は数メートル先が見えない状態に。
横浜トリエンナーレ 三溪園 中谷芙二子

季節や天候によって、また日によっても霧の見え方は違うことでしょう。
これは人工的に発生させた霧のアートで、人が作ったものですが、自然によって形が変わるのは変化があって楽しいですね。
自我や自己表現といったアートもあるかもしれないけど、もっと広い意味で自然や環境を感じられるアートが自分は好きみたい。

NHKの新日曜美術館を偶然見て、良かった。
三溪園の入園料500円で体験できます。
秋の行楽がてら、ぜひ三溪園で霧を体験してみては。11月30日までやっています。


大きな地図で見る
カテゴリ: その他
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。