05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

下町の巨大ミュージアム 【江戸東京博物館】

2008.10.15/Wed/09:00:00

江戸文化好きの知人に連れられて、江戸東京博物館へ。
この博物館、何がすごいかって、この建物の巨大さです。

江戸東京博物館

近くからだと、全体がカメラに入りきらない…
通り一本離れないと全体が入りません。とにかく巨大な建物でした。

住所:東京都墨田区横網1-4-1
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(土曜日のみ午後7時30分まで) 入館は閉館の30分前まで
休館日:毎月曜日
     (祝日、振替休日が休館日に当たる場合は開館、翌日休館。大相撲東京場所開催中は開館)
     年末年始(12月28日~1月1日)休館
入場料:一般600円 65歳以上の方300円 大学生(専修・各種含む) 480円
     高校生・中学生(都外)300円 中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童 無料
※特別展の料金は展覧会ごとに異なる
公式サイト:http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

浅草今昔展」という催しをやっていて、トークイベント「浅草の楽しみ方今昔」を聞きに行きました。
出演者は、いとうせいこう(文筆家)、山口智子(女優)、橘右之吉(橘流寄席文字・江戸文字書家)、荒井修(荒井文扇堂主人)。
女優の山口智子さんが見れたのがラッキーでした。
カッコよく着物を着こなしていらっしゃって、テレビに頻繁に登場していたのは何年前かなあと思いましたが、相変わらずキレイだったし、お話を聞いていて素敵な人なんだなあと。
えへへ、得した気分。

特別展は、今これをやっています>>ボストン美術館 浮世絵名品展

博物館の入口には巨大な熊手が展示されています。
浅草 鷲神社から寄贈されたものだそう。縁起ものですね!
江戸東京博物館

さらに下町っぽいものといえば、ショップで売られている品々。こちらのショップは楽しいです。
江戸東京博物館

「犬張子焼きまんじゅう」 江戸東京博物館のオリジナルです。
江戸東京博物館

江戸東京博物館

お菓子や玩具など、「江戸土産」になりそうなものが充実していました。


さて、博物館出口を出て地上に上がると、改めてこの建物の大きさを感じる。
奥に見える三角形の屋根は、両国国技館。博物館の端から見ると、両国国技館でさえ小さく見える…ほんとデカイや。。
江戸東京博物館

赤いチューブのようなものは、上の階に上がるエスカレーター。ここだけ近未来風ですね。
江戸東京博物館

全体的に不思議さを感じる建物でした。誰が作ったんだろう…?

tb: -- |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

初めまして、
自分も行ったことありますよ!

ビル風が強いですね。
URL | なつと #-
2009/08/13 21:11 * 編集 *

なつとさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
確かに風が強かったかも。
これからもよろしくお願いしますー
URL | #-
2009/08/13 23:10 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。