05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

リニューアルオープン 【川村記念美術館】 

2008.08.06/Wed/09:00:00

2008年3月にリニューアルオープンした川村記念美術館に行きました。

8月31日まで、リニューアル記念としてコレクション展をやっています。
印象派からシュールレアリズム、現代美術まで見ごたえあるコレクションでした。

川村記念美術館
川村記念美術館

展示されていた作品(一部のみ)は下記のとおりです。

クロード・モネ 「睡蓮」
ジョルジュ・ブラック 「マンドリン」
ピエール・オーギュスト・ルノワール 「水浴する女」「黒褐色の髪の女」「クロード・ルノワールの肖像」
藤田嗣治(レオナール・フジタ) 「アンナ・ド・ノアイユの肖像」
パブロ・ピカソ 「肘掛椅子に座る女」「シルヴェット」
コンスタンティン・ブランクーシ 「眠れるミューズII」
マックス・エルンスト 「入る、出る」「石化せる森」
ルネ・マグリット 「冒険の衣服」「感傷的な対話」
マン・レイ 「だまし卵」「赤いアイロン」「筒の中の柄」または「主なき槌」
ジョゼフ・コーネル
マーク・ロスコ
ロイ・リキテンスタイン
アンディ・ウォーホル
尾形光琳 「柳に水鳥図屏風」

今見られるコレクション

改めて見るとすごいコレクションですね。
東京駅から電車で一時間、出かけるとしたら半日コースになりますが、千葉の佐倉市まで出かける甲斐があると思います。
前に行った時はパウル・クレーの展覧会をやっていました>>過去の日記はコチラ
でもコレクションを見るだけでも楽しい。

【総合評価】


この美術館の魅力は、何といっても周囲の自然。
美術館の周囲には散策コースがあり、自然を楽しむことができます。
周囲の散策コースについては、また後日。



大きな地図で見る

tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。