07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

「デジタル一眼レフ入門」 ブロガーミーティングに参加しました

2008.07.21/Mon/23:40:07

ANMさんの「デジタル一眼レフ入門」 ブロガーミーティングに参加させていただきました。
人気のデジタル一眼レフということで、今回は定員の倍以上の応募があったそうです。
参加することができ、ラッキーでした。

デジタル一眼レフ入門 ソニーα300

特に、プロの写真家さんによる撮影講座がとても勉強になりました。


撮影講師は、カメラマンの瀬川陣市さん。
All Aboutの写真撮影ガイドでも活躍されている方です。
またサントリーのBAR-NAVIブログ「バー撮影講座」にも登場され、バーなどの暗い室内での撮影テクニックを読んでなるほど~と思っていましたが、この日実際にカメラを使って説明していただいた講座はとても楽しかったです。

まずは、「露出」の説明。
「絞り」と「シャッタースピード」を変えるとどうなるのかを実際に撮影してみます。
(1) 絞り
▼左はF11、右はF5.6で撮影
デジタル一眼レフ入門 ソニーα300
上の写真はちょっとわかりずらいのですが、右のF5.6で撮影した写真は背景の箱がぼやけています。
近くのものに焦点を合わせて、背景をぼかしたい時はF値を小さくすると効果的。
カメラマンの瀬川さんによると、「A」モード(絞りは自分で設定しシャッタースピードは自動設定)がコントロールしやすく、お勧めだそうです。

(2) シャッタースピード
▼左は1/125、右は1/30で撮影
デジタル一眼レフ入門 ソニーα300

黄色いボールを転がして撮影しました。
シャッタースピードが遅いとぼやけてしまいます。動くものを撮るのって難しいですねー

さて、新商品のソニー「α300」の特徴として、手振れ防止機能があります。
手振れ防止機能onしている時とoffの時との違いも、撮影してみました。
デジタル一眼レフ入門 ソニーα300

私は手が震える人なので、この機能は良いですね。
今使っているデジカメは手振れ防止がないので、やはり必要だなーと思います。

もう一つの特徴は、「ライブビュー」機能。
そもそもα300は、コンパクトデジタルカメラのように液晶画面を見ながら撮影が楽しめる「クイックAFライブビュー」を搭載していて、さらに「上に約130 度、下に約40 度まで角度を変えられるチルト可動式の液晶モニターを搭載。」
どんな場所でも腕を伸ばせばシャッターは押せますが、モニターの角度が上下に動かせるので、モニターを見ながら調節できるのがこれまでになかった機能というわけですね。

▼床に置いてあるトマトを撮影
デジタル一眼レフ入門 ソニーα300

たしかに、目線が低い位置にある、子供さんやペットなどを撮る時に便利な機能ですね。

ソニーさんの新商品を試すことができ、楽しいイベントでした。
自分が使ってるデジカメとの比較もできるし、またデジカメのモニターができるチャンスがあったら、ぜひ参加したいです。

カテゴリ: デジカメ日記
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。