05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

【森美術館】 アートは心のためにある:UBSアートコレクションより

2008.02.28/Thu/09:00:00

六本木ヒルズの森美術館でやっている、「アートは心のためにある:UBSアートコレクションより」を観ました。

六本木ヒルズ 森美術館

UBSアートコレクションとは;
スイスに拠点を置く金融機関UBSの現代美術コレクションは、1950年代以降のアメリカ、ヨーロッパの絵画と1990年代以降のヨーロッパを中心とした写真作品を中核に、近年はアジアや中南米の作品にも視野を広げ、よりグローバルな企業コレクションとして拡大しつつあります。本展では1000点以上におよぶコレクションから、「1.ポートレイトから身体へ」、「2.造られた世界」、「3.ランドスケープから宇宙へ」という3つのテーマで作品を選び、それぞれの作品やアーティストのアイディアが世界とどのように繋がっているかを探ります。
展覧会ホームページより)

上記の説明のとおり、世界各国のアーティストの作品が集められていましたよ。
日本人アーティストは、
荒木経惟、杉本博司、畠山直哉、宮本隆司、森村泰昌
の5名。けっこうバラエティに富んでいますね。
【ここが見どころ】
世界各国の現代美術が一度に観られる。
世界中の現代アートをまとめて観られるのはなかなないので、良い機会だと思います。
1990年代以降のヨーロッパを中心とした写真作品がたくさん。
特にドイツ写真が充実。写真好きには嬉しい。

ちなみにUBSアートコレクションは、こんなにたくさんあるんですって。

【雑感】
全体的に”真面目さ”を感じるコレクションだった。現代アートだけど、ふざけた所はほとんどない。
金融機関だから真面目?
アートコレクションにも企業色が出るものなのかな。
展覧会のタイトルが「アートは心のためにある」、なぜこのタイトルなのか、よくわからなかった。

【総合評価】
heart0heart0heart0

やっぱり、森美術館は夜遅くまでやっているところが○です!
夜10時までやっていたら、仕事帰りにも行ける。
平日の夜がすいているので、おススメです。

六本木ヒルズ 森美術館
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。