05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

資生堂ギャラリー

2007.07.01/Sun/01:31:52

shiseido0706-1.jpg

住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
開館時間:平日11:00~19:00 日曜・祝祭日11:00~18:00
休館日:月曜日
入場料:無料
公式サイト:http://www.shiseido.co.jp/gallery/html/

中国出身のアーティスト、蔡國強(Cai Guo-Qiang)の展覧会「時光」を見に行きました。
shiseido0706-2.jpg

蔡國強を知ったのは、直島にある「文化大混浴」という作品。直島のベネッセハウスに蔡國強が作ったジャグジー(風呂)があり、一度入浴しました。ホテルの外、屋外にあるジャクジーです。
bunka0506-1.jpg
▲文化大混浴(直島ベネッセハウス)

蔡國強といえば、世界の色んなところで火薬を爆破させることで有名な現代アーティスト。
展示作品も、パネルの上に火薬を爆発させた火薬ドローイングでした。
遠くから見ると墨絵のような幽玄美を感じますが、そこら中火薬を爆破させた跡(穴があいている)があります。
火薬という中国の伝統的な小道具を使っていながら、作品は過激かつユーモアがあってすごく面白い。
ユーモアやナンセンスはナム・ジュン・パイクに通じるものがあると思いました。ナム・ジュン・パイクも、トランスカルチャーをテーマにした作品がありましたっけ。
すると、資生堂ギャラリーと蔡國強は、ワタリウムとナム・ジュン・パイクのような関係でしょうか?
もはや世界的に有名なアーティスト、蔡國強は北京オリンピックのビジュアル・ディレクターなのだそうです。これは気になります。どんな風にオリンピックを飾ってくれるのでしょう。

▼3Dポストカードを購入。300円
shiseido0706-3.jpg
"Red Flag" The Zacheta National Gallery of Art, Warsow, Poland
※一枚のポストカードです。角度によって、赤旗が炎上しているところが見える


tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。