09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

LIFE - fluid, invisible, inaudible ...

2007.05.20/Sun/22:00:00

LIFE - fluid, invisible, inaudible ...
会場:山口情報芸術センター(YCAM)
料金:無料

YCAM0705-8.gif

坂本龍一+高谷史郎による、インスタレーション作品を見ました。
真っ暗な会場の中、天井から9個の水槽が吊り下がってます。水槽から、白い気体に包まれた光(映像)が出てます。その映像+音を鑑賞します。

outline0705-6.jpg
▲白い部分が謎の気体
このモヤモヤした白い気体、ドライアイス?と思ったら、超音波によって霧を発生させているんだそうです。超音波で発生する霧は、その時の厚みによって見える映像が違っていたりする。

YCAM0705-10.jpg
▲こういう映像が流れる。
青系の映像ばかりですが、実際の映像は緑、黄、オレンジといった色彩豊かなもの。
全部で9個の水槽は、同時に違う映像・音が流れる。
水槽の脇に吊り下がっているスピーカー2台からは、ランダムに音が再生。

YCAM0705-9.jpg
▲真横から見たところ。
水槽の仕掛けはこのようになっています(大雑把な絵でゴメンなさい)。

音と映像は膨大なデータベースを持っており、全てを見るには9時間程度かかるらしい。
さらに音と映像の組み合わせは無限にあるので、一度鑑賞したものは二度と同じパターンでは見られないということになります。
私は3時間位いましたが、それでも鑑賞し足りないほどでした。つい長居してしまうので、床に寝転がって見るのがベスト。お客さんのほとんどが床に寝て鑑賞されていました。
クッション、ブランケットが無料で借りられます

意外なことにこの展覧会、カップルにオススメと思ったのは私だけでしょうか?
しかも無料で見られます。これが無料で見られるなんて、すごい。
展示会場、展示作品は撮影可能です。
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。