05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

日本の美・発見I 水墨画の輝き ―雪舟・等伯から鉄斎まで― 【出光美術館】

2009.05.08/Fri/09:00:00

出光美術館でやっている「日本の美・発見I 水墨画の輝き ―雪舟・等伯から鉄斎まで―」を観ました。
気になった水墨画を記録しておこうと思います。

出光美術館
-- もっと読む
スポンサーサイト
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

出光美術館

2009.05.07/Thu/09:00:00

丸の内にある、出光美術館に行きました。
日本画や中国・日本の陶磁器など東洋古美術を中心に展示している美術館です。

有楽町から徒歩5分ほど。
アクセス便利で、会社帰りにも立ち寄れる美術館ですね。

出光美術館は、帝国劇場の隣にあります。
出光美術館
-- もっと読む
tb: -- |  cm: 0
go page top

 

東京国立近代美術館(本館)

2006.07.16/Sun/22:59:51


kindai0607-1.jpg


住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
設計:谷口吉郎
用途:美術館
施工:1969年
開館時間:10:00~17:00 金曜日は20:00まで開館 (入館は閉館30分前まで)
写真撮影:可(フラッシュ・三脚の使用不可。一部撮影不可の作品あり)
入場料:大人420円(210円) 大学生130円(70円) 高校生70円(40円) 小・中学生、65歳以上無料
( )内は20名以上の団体料金
※特別展・共催展は別料金
※特別展はホームページに割引券あり
※同日であれば本館の所蔵作品展チケットで工芸館の所蔵作品展入場可
※毎月第1日曜日は所蔵作品展のみ無料

公式サイト:http://www.momat.go.jp/Honkan/honkan.html

東京には国立美術館が二つあり、上野にある国立西洋美術館とここ、東京国立近代美術館がそれです。
来年は六本木に三つ目の国立美術館が開館します。
「国立新美術館」というのがそれで、黒川紀章設計による建設費約400億円、日本最大の約1万4000平方メートルの展示面積というすごい美術館です。完成が楽しみのような怖いような。
さて、ここは日本初の国立美術館だそうで、本館・工芸館・フィルムセンターの三つの施設があります。
近代美術館ということで、所蔵作品は日本の近代美術、明治・大正から昭和の時代の作品を網羅しています。
フランスでいうところのオルセー美術館のような位置付けになるんでしょうか。
建物の外観がかなり古めかしい印象を与えます。昭和、という感じ。
設計した谷口吉郎は谷口吉生のお父さんだそうです。
ただ竹橋の駅を降りてすぐ右手、お堀を挟んでぼーっと建っている美術館周囲の風景は好きです。
なぜぼーっと建っているように見えるかというと、堀の水面に美術館のシルエットが映るのと、建物の屋根が平らではなく少し楕円になっているから、そう見えるのかな。
美術館のすぐ後ろを首都高が走っていて、お堀の上に人工的な首都高の橋がかかっていたりするのは、シュールな風景ですよね。
中に入るとそれほど古さは感じず、1階から4階まで展示フロアがあり、広さもまあまあなんじゃないかと思います。
天井も思ったより低くはなく、企画展をやっている1階で5~6メートルはあるんじゃないでしょうか。
1999年に増改築工事が行われたそうです。
ところで、この美術館のメインテーマである日本の近代美術というやつを、私はよく知りませんので所蔵作品がどれほど素晴らしいかもよくわかりません。ただ行く度にそこそこお客さんは入っているなーという印象があります。
今回行ったのは吉原治良展でしたが、藤田嗣治展なんかだとより混んでいたに違いありません。
だからなのでしょうか、水色ジャケットのユニフォームを着た監視員の人の人数がなぜか多い気がします(笑)。まあ質問とかしやすいので、いいんですが。
写真展もたまにやっています。
あと、国立だけに料金が安い。企画展でたいていは一般800円です。
都立より国立の方が安く、逆に言うと都立美術館は東京都民だと割引があってもいいんじゃないかと思ったりします。

▼2階からの眺め
 黄色と黒のオブジェはイサムノグチの『門』
kindai0607-2.jpg






tb: -- |  cm: 0
go page top

 

ブリヂストン美術館

2006.06.19/Mon/22:21:24



住所:東京都中央区京橋1丁目10番1号
用途:美術館
開館時間:火~土曜日10:00-20:00 日・祝日10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日のほか不定期(公式サイトのカレンダー参照)
入場料:大人800(600)円 大学・高校生500(400)円 シニア(65歳以上)600(500)円 中学生以下無料(特別展を除く)
( )内は20名以上の団体料金
公式サイト:http://www.bridgestone-museum.gr.jp/

東京のオフィス街のど真ん中にある美術館。
東京駅をはさんで反対側、丸の内は再開発が進み日々新しくなっていますが、八重洲からこの辺りは昭和のオフィス街の雰囲気をそのまま残しています。
そういえば、今度丸の内に美術館ができるとか。
三菱地所が「三菱1号館」をリノベーションし美術館にする計画のようで、完成が楽しみです。
さてこの美術館は、名前からわかる通りタイヤメーカーのブリヂストンの創業者石橋正二郎の収集品を展示しています。
街の雰囲気に似て、正統派のアートというか、教科書に載っているような超有名な西洋絵画を扱っています。
ルノワール、モネ、セザンヌなど、歴史に名を残す有名アーティストばかり。
印象派・後期印象派が特に充実しているようです。
セザンヌ「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」もここにあります。
そういえばセザンヌは今年2006年は没後100周年にあたるそうですね。
今のところ日本では見かけませんが、本家フランスではいろんな展覧会やイベントが開かれているようです。
印象派の絵画中心ということで現代美術の展示とはもちろん趣が異なりますが、本物のセザンヌやモネがオフィス街のど真ん中にあるので、ぜひ一度は訪れたい美術館です。
館内は決して広くはなく邸宅のような感じで、会社員の方が仕事帰りに1~2時間立ち寄るのにちょうど良いと思います。
時間も平日20時まで開いています。




tb: -- |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。